映像データを活用し工場のDX化を推進、生産現場の「見える化」を実現!

事例概要

お客様

国内某大手製鉄所

事業

スマートファクトリー事業

導入ソリューション・製品

  • VMS:Genetec社VMSの導入
  • 映像データの活用など、スマートファクトリー化に向けた技術サポート

今回ご紹介するのは、国内某大手製鉄所の事例です。
従来、工場の映像管理という点では、ITVカメラ (工業用テレビカメラ)を設置し、流れてくる映像を見るだけで、映像データとして管理・活用できるまでには至りませんでした。
この問題を解決したのは、当社が提案するソリューション(VMS)の導入です。採用後は防災管理、品質管理など、様々な場面で映像データを管理・活用できるようになりました。
具体的にどのような取り組みを行い、課題解決したのでしょうか。

導入前の背景・課題と導入後の効果

背景・課題

  • 場内にITVカメラ (工業用テレビカメラ)を設置し、運転室から流れてくる映像をただ見るだけ
  • 映像を録画・保存したり、分析する時に、過去の映像データを参照したり、検証・検索したりなどして活用することで、「生産現場を見える化」したい

効果

  • 品質エラーが発生した場合、きちんと解析、原因の究明、再発防止する品質管理(QC)ができるようになった
  • 工場内における場内作業者の安全・みまもり・防災の遠隔監視 など、映像データを後追いすることで、リスクマネジメントができるようになった
  • 従来設置のカメラを含め、多箇所のカメラを一度に閲覧可能にしたことで、現場の詳細の様子を運転室から簡単にモニターでき、有事にすぐ対応できる体制ができた
  • 事故発生時に、複数のカメラをまとめて、同期して閲覧することにより、いままで見えなかった事故の原因が解析可能になった
  • 稼働監視システムのデータと突き合わせることにより、設備異常や不良品が多発する時は、作業者のある動作に起因する事がわかった

課題解決までの道のり

背景・課題

ITV カメラを設置し、流れてくる映像を運転室から「見るだけ」で、映像データとして有効に管理・活用できずにいました。

お客様のニーズは、映像データを解析し、遠隔から「生産現場の見える化」を実現したいというものです。 また、すでに設置しているカメラもそのまま有効活用したいとのご要望もありました。

提案

そこで当社は、既存のカメラをそのまま活かしたVMSの導入を提案。同時に、映像データを管理・活用できるよう技術サポートを行いました。

VMSを導入することで、映像データをサーバー上で管理が可能となります。これにより映像データをただ見るだけではなく、より有効に活用し、遠隔から「生産現場の見える化」を実現できました。

課題解決に向けたポイント

今回はお客様にとって初めてのVMS導入でした。そこで、本導入前にまずデモ機を導入しました。当社が注力したのはお客様が知って、理解し、利用するなかでVMSの使い勝手の良さを実感していただくことです。その結果、前例のないVMS導入という難しい商談も、意欲的に進めていただけました。

実際に使い、体験していただくことで、当社の提案するソリューションの良さ(優位性)を訴求できた点が、本案件の大きなポイントとなりました。

評価いただいたポイント

  • 従来のように映像をただ見るだけの状態から、映像データとして管理・活用できるようになり、遠隔から「生産現場の見える化」が実現できて良かった

関連情報

この導入事例と関連するソリューション

この製品を扱う事業

スマートファクトリー事業

生産現場の「映像によるDX化=スマートファクトリー化」を実現し、業務改善・生産体制強化を目指します。

事業の詳細をみる

資料ダウンロード
各事業の製品・ソリューションのカタログなどをダウンロードできます。比較や導入検討時の材料としてご活用ください。
資料ダウンロード
お問い合わせ
多様な事業・製品・ソリューション群から、お客様のニーズに沿った最適なプランをご提案します。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ