NEWS

この度、実装プロセス室では『イプロス』に実装プロセス関連商材専用サイトをオープンいたしました。
 
新製品のPSP社製スマートリールラック(電子部品リール収納ラック)やレーザー関連製品大手HGTECH社製レーザーマーカー・レーザー切断機を中心に、当サイト限定で配信している商品情報やカタログなどがございますので、ぜひアクセスいただければと思います。
以下の画像をクリックいただけますと各ページにアクセスできます。
 
■当室トップページ

 
■スマートリールラック

 
■レーザーマーカー

 
■レーザー切断機

 


■お問い合わせ先
当室イプロスページの「資料ダウンロード」「お問い合わせ」よりお願いいたします。

当社は大阪大学大学院基礎工学研究科の、永妻忠夫教授、易利(イ・リ)助教、大学院生の為則勇志氏(博士前期課程)、徳永遥氏(博士前期課程)、株式会社車輪の再発見と共同で、ドローン搭載可能な『超広帯域レーダ技術』の開発を推進してきました。このたび、出光興産株式会社徳山事業所のご協力のもと、定期点検中の高さ150mの煙突内で当該レーダを搭載したドローンを飛行させ(図1)、煙突壁の保護のために表層部に施されているライニング材※1の肉厚の検査に成功しました。
 
昨今ドローンに高精細カメラや赤外線カメラを搭載し、インフラ構造物の点検や診断を行う例が増えています。物体の表面を観察するには、可視光や赤外線(レーザ光も含む)が適していますが、物体の内部を調べるためには、物質に対する透過能力を有するマイクロ波、ミリ波といった電波を用いることが必要です。
工場で使用されている煙突は定期的に点検が行われており、特に煙突内壁の損傷や劣化を早期に発見し補修する必要があります。煙突内壁には、耐酸や耐火のためのライニング材が使われています。これまで内壁を非接触で行なう検査では、目視やカメラによる表面観察に留まっており、ライニング材の厚みを非破壊で検査する技術が求められていたものの、これまでに電波を使ったレーダ技術によりライニング材の厚み計測に成功した例はありませんでした。
 
今回の実証実験の成果は、長寿命化の使命を負う建築物、設備、プラント、インフラの分野において、肉眼では見えなかったリスクの可視化が可能になるほか、点検、修理のための人手不足の課題解消、点検作業の経済性、効率性、安全性を高めることが期待されます。
今後は今回得られた知見をもとに、より付加価値の高い診断技術の実用化に向けて開発を加速し、ドローンを活用した非破壊検査・診断への適用と事業創出に取り組んでまいります。

 
■ お問合せ先
DS営業本部 電子デバイス営業部
TEL03-5203-5632
 


 

 
図1:(a)ドローンに搭載した広帯域ミリ波レーダの外観。(b)~(d)煙突内で実際にドローンを操縦し、ドローンを上昇させながら、煙突内壁を検査している様子。(d)では上方に煙突の開口が見えている。
 
用語説明
※1 ライニング材
ライニングとは一般に物体の表面に、定着可能な物質を比較的厚く覆う表面処理のことを意味する。煙突の場合には、耐熱や防食のために、およそ50mm~150mmの厚さのライニング材が金属表面を覆っている。ライニング材としては、天然抗火石、キャスタブル、耐熱耐酸レンガ等が用いられている。

もうできる、最先端動画IOT。5Gの世界をLTEで実現!超鮮明動画と遅延0.5秒で始まる動画IOT&AI

「超鮮明動画を5Gと遜色ないパフォーマンスで実現」として、いま注目を集めているフルハイビジョンの鮮明画像をLTE回線を利用し、遅延約0.5秒で電送出来る監視カメラシステム「Smart VSaaS」のメリットや活用例についての紹介動画です。

現場の見える化・知能化など次の課題をお持ちの方々にご覧頂くことで、解決の糸口を見つけて頂ければ幸いです。

  1. LTE等を使った鮮明動画を広域監視で利用したい
  2. 本部での検査や品質管理など、集中監視、集中管理による業務の効率化を実現したい
  3. 動画を使ったAIの本格導入を目指している
  4. 監視カメラ統合監視システムを検討している
  5. 動画を長期間保存し、コンプライアンスやBigdataに利用したい

 
動画掲載ページはこちら>>>

GTC2020(GLOBALFOUNDRIESが実施するTechnical Conference Year 2020 )が11月3日に台湾新竹市にて実施されました。こちらは取締役社長の柳澤による基調講演の内容です。
 

イプロスの「エレクトロニクス製造・検査」特集にスマートリールラックを掲載しました。
 

 最近、JFEの社名や役員の名前を騙り、Eメールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)等を利用して、返信を促す「なりすましメール」が発信されているとの情報が多数寄せられています。
これらの「なりすましメール」は、当社グループとは一切関係がございません。また、当社グループは、メールやSNSを利用して、個人情報の提供を依頼することはございません。
 これらのメールへの返信により、「フィッシング詐欺」や「振り込め詐欺」等の被害に遭うおそれ、および暗証番号等の重要情報や個人情報が発信者に取得され悪用されるおそれ等がございます。返信や記載されているURLへのアクセス等は一切せず、削除されるようにお願いいたします。
 なお、もし受領された情報が当社グループから発信されたものかどうかご不明の場合は、下記にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
 
詐欺メールに関するお問合せ

電子部品リールの入出庫および在庫管理に人手、時間を浪費されていませんか?
スマートリールラックの導入により電子部品リールの入出庫のスマート化、省力化、省スペース化を実現、実装機の段取り替え性にも効果を発揮し生産性の向上にも大きく貢献致します。
 
詳細内容は是非下記特設ページをご確認ください。
 
是非この機会に一度ご検討ください。